過払い金請求/調査 無料相談

過払い金請求の無料相談 人気ランキング

過払い金請求は、契約書や明細書が残ってなくても大丈夫!

過払い金ってご存知ですか?過払いとは文字通り払いすぎた利息の事です。
最近、過払い金請求の無料相談で数十万〜数百万という高額の過払い金を取り戻す人が急増しています。

 

ヤミ金などの違法な貸金業者はもちろん、平成20年以前に消費者金融(アコム、レイク、プロミス、アイフルなど)を利用したり、クレジット会社やデパートカードでリボ払いなどを利用してお金を借りた事のある人や複数の貸金業者からお金を借りている人は過払い金が発生している可能性大です。
特に10年近く借金の返済を続けている人は過払い金が数十万〜数百万単位単位で取り戻せることが多いので過払い金請求の相談、無料調査をお勧めします。

 

既に借金の完済した後で契約書や明細書が残っていない・・という方も過払い金請求の無料相談を利用すれば大丈夫です!法律のプロが取引履歴の開示請求をすれば過払い金額は一発で分かります。
しかし、過払い金請求には時効があり、過払い金を請求できるのは完済後、10年間です。
時効になってしまえば過払い金を取り戻す事もできなくなってしまいますから、迷ったらまず無料相談です。

 

過払い相談 過払い金請求の無料相談 | 借金相談に強い法律事務所 ベスト3

 

1位 はたの法務事務所 2位 アヴァンス法務事務所 3位 杉山事務所

はたの法務事務所

借金問題に専門特化した妥協なき過払い金請求と極限の交渉術でおこなう債務整理。

 

8000件以上の実績で50億円超の過払い金返還を実現!
面談を受けた方の中から数百万円の過払い金を取り戻した方が急増しています。
過払いの可能性が少しでもあれば着手金0円で過払い請求可能。全国対応で無料出張してもらえます。お客様満足度95.2%。過払い金無料調査も実施中。

 

費用は完済済の過払い相談なら回収金額の12.8%〜20%、その他1万円の計算費用のみ大変良心的です。

 

無料!過払い相談

アヴァンス法務事務所

年中無休、相談無料、初期費用0円、全国対応で借金相談に対応してもらえます。

債権者数1、2件でも対応してもらえます。
銀行カードや18%以下の金利の方も任意整理できるので無料相談してみると良いでしょう。

 

厳しい取り立てでお困りの方もアヴァンスならすぐに取り立てをSTOPできますよ。

 

費用は回収金額の16%〜18%、訴訟になった場合はこれに2%加算

 

回収金額が30,000円以上の場合は別途、完済口座事務手数料が1債権者につき20,000円かかります。

 

無料!過払い相談

杉山事務所

月3000件、毎日3000万、毎月10億円以上の過払い金返還実績!杉山法律事務所は週刊ダイヤモンド誌にて過払い金請求実績で日本一になった法律事務所です。

 

事務所は東京、大阪、名古屋、広島、福岡、岡山、仙台にあり、全国対応、出張相談無料です。

 

初期費用0円で過払い金調査無料、分割払い可能です。過払い金の発生が見込める場合は回収した過払い金からすべての費用を精算できます。

 

費用は回収金額の20%〜、完済後の過払い報酬の場合は定額報酬無料です。

 

無料!過払い相談

※人気順です。

 

上記3件は司法書士事務所ですが、過払い金を相談するのは弁護士と司法書士のどちらが良いと思いますか?実際のところ、一社あたり140万円を超えない過払い訴訟の場合は司法書士の方が費用が少なく済む事が多いので敷居が低いと言えます。

 

しかし、一社あたり140万円を超える場合は司法書士には代理権が無いので弁護士をおすすめします。

 

注目  

弁護士法人 サルート法律事務所  

サルート法律事務所

相談実績15,000件以上!

弁護士事務所としては珍しく完済済みの過払い金請求なら着手金が無料なので費用は安めです。報酬は回収金額の20%、成功報酬が1債権者あたり19,800円といった感じで一般的な司法書士事務所に相談した場合と比べて費用が高くなることはありません。

 

ですから一社あたり140万円を超える訴訟の場合はこちらがおすすめです。

 

相談は無料、着手金不要、調査無料で過払い金があるか調べて貰えます。
受任後はすぐに取り立てをSTOP!過払い金の返還請求も分割可能なので安心です。

 

無料!過払い相談

 

過払い金請求とは

過払い金とは利息制限法に定められた金利を超えて、払いすぎた利息のことです。
過払い金請求とはその払い過ぎた利息を貸金業者に返してもらうように請求する事です。

 

貸金業法の改正が平成18年12月に、国会で全会一致で可決・成立し、平成22年6月18日に、完全施行されました。これにより利息制限法と出資法の間に存在したグレーゾーン金利が撤廃され、利息制限法で定められた15〜20%が貸金業者がとってもいい上限金利という事になりました。

 

過払い金と貸金業法改正の説明

 

利息制限法の一章一条では下記の利率により計算した金額を超えるときは、その超過部分については無効であると定めています。

  1. 借りた金額が10万円未満の場合・・・・・・・・・・・・・・・年20%
  2. 借りた金額が10万円以上100万円未満の場合・・・年18%
  3. 借りた金額が100万円以上の場合・・・・・・・・・・・・・・年15%

上記の金利を超えて支払った金利については過払い金として返還請求できるのです。
その為、過払い請求をして払いすぎた利息を数十万〜数百万単位で取り戻している人が急増しています。

 

平成20年以前に消費者金融(アコム、レイク、モビット、アイフルなど)を利用したり、クレジット会社やデパートカードでリボ払いや分割払いなどを利用してお金を借りた事のある人は過払い金が発生している可能性大です。
特に10年近く借金の返済を続けている人は過払い金が数十万〜数百万単位で取り戻せることが多いのです。

 

過払い金請求の相談は法律のプロに

過払い金請求は自分で行うことも可能です。しかし自分で調べられる事柄にはどうしても限界がありますし、貸金業者もあの手この手で過払い金額を抑えようとしてきます。個人だと足元を見られて本来手にできるはずの過払い金を減額されてしまう・・といった事にもなりかねません。

 

実際、経験豊富な法律事務所が過払い請求をするのと、個人が調べながらするのとでは自ずと手にできる過払い金額に大きな差が出てきます。過払い金相談や借金相談に明るい司法書士が妥協なく過払い金請求すると数百万円という過払い金の返還も決してめずらしくありません。

 

法律事務所に頼む場合にネックになるのは費用ですが、支払う報酬分を差し引いても専門家に頼んだ方が結局は多くの結果を出せる事が多いのです。過払いの可能性が少しでもあれば、着手金0円でも過払い請求可能ですし、取り戻した過払い金から精算という方法もあるのであれこれ思い悩む前にまずは無料で過払い金請求の相談をしてみると良いでしょう。

 

過払い相談 ベスト3


ホーム RSS購読 サイトマップ