過払い金請求の注意点・気をつけるポイント

過払い金請求で注意する事

過払い金請求を行う上で注意するポイント

過払い金請求を行う上で相談者がよく心配するのはブラックリストに載ってローンが組みにくくなったり、クレジットカードが作りにくくなるのでは?という事です。

 

過払い金を請求するとブラックリストに載る?でも説明していますが、所謂ブラックリストに載ってしまう可能性があるのは借金を返済中に過払い金を請求した場合です。
借金を完済した後の過払い金請求であればそんな心配は一切ありません。

 

しかしそれには、いくつかのポイントに注意し気をつける必要があるのでここで説明しておきます。

 

キャッシングだけ完済してショッピングが残っている。カードを使って分割返済をしている。

 

キャッシング、リボ、ローンを完済してもショッピングが残っていると「完済」とはいえません。キャッシング部分だけではなく、完済後の過払い金請求をする場合、全ての債務を完済して料金の引き落としが止まっている状態にする必要があります。

 

カード決済している場合はその料金の支払い先の変更をして料金がそのカードを経由して引きおとされない事を確認してからでないと、毎月カード決済の支払が発生するので残債がある状態になります。支払い先の変更や解約の手続きをしてもすぐには反映されませんので早めに手続きをすることが必要です。

 

完済後の過払い請求だけではなく、任意整理の場合もカードの支払い口座の引き落としが止まらないと残高の確定ができないのでその分、解決に時間がかかってしまいますので早めの手続きが必要です。

 

千円未満だけキャッシングが残っている。

 

ATMでは硬貨での返済を受け付けていない事も多く、残債が千円未満の端数になると完済したとして請求してこなくなる消費者金融もあります。

 

これは、数百円位のわずかな債務であれば請求せずにできるだけ利用者が完済しないようにして顧客とのつながりを残しておこうという消費者金融側の思惑があると思います。

 

また、千円未満の債務は消費者金融側の負担としていずれ自動的に放棄するという形になっていることも多いらしいです。

 

消費者金融では「千円未満の残債は、支払の必要なし」と言われるかもしれませんが、数百円残債が残った状態で過払い金請求をしても絶対にブラックリストに載らないとは言いきれません。

 

千円未満の返済は窓口で支払ったり、振込先を聞いて振込するという方法があります。不安な方はしっかり残高が0になった事を確認してから「完済後の過払い請求」をご依頼されることをお勧めします。

 

過払い相談 ベスト3

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ